電験三種の資格は、年度によって合格率に差があります。

近年は合格率が10%に届かないほど難易度が高くなっており、ハードルが高いと感じる人もいるかもしれません。

そこでここでは、電験三種の難易度や合格に必要な勉強時間、他の資格と比較して難しいかなどについて調べてみました。

電験三種の難易度、合格率は?

電験三種試験を受けるにあたって、難易度や合格率を知っておきたい気持ちはありますよね。参考までに、電験三種試験の難易度や合格率、なぜその難易度なのかについて見ておきましょう。

10%に届かない合格率

電気主任技術者試験、通称で電験三種の資格を持っていると様々な職場で働けます。

おまけに立場も優遇されやすくなり、業界では人気の国家資格です。しかし、合格のハードルは非常に高い資格でもあります。

電気関係の仕事を目指す人だけが受験する資格かと思いきや受験資格がない電験三種。その点も合格率の高さに影響しているかもしれません。

4科目それぞれ60点以上の得点が必要

電験三種に合格するには、出題される全科目で60点以上の得点をしなければなりません。理論・電力・機械・法規の4科目について出題されるので、まんべんなく勉強しておく必要があります。

苦手な科目がある人は不利になってしまいそうです。この試験スタイルと合格到達点も合格率の高さの一因となっているでしょう。

2年以上かけての受験も可能

電験三種試験は毎年1回実施されています。出題される4科目中、一部の科目が合格点に達しなかった場合、翌年と翌々年に合格した科目の試験が免除される制度があります。

余裕を持って資格取得を検討できるのであれば、2科目ずつ勉強したり2科目と1科目ずつの対策をするのもありです。

電験三種は他の資格と比べると難しい?

電験三種とよく比較される資格試験とどちらの難易度が高いか、合格率や体験者の口コミを含めて紹介します。

電験三種は人気も難易度も高い資格

電気関係の資格にはいくつもの種類があります。それぞれに仕事内容や職場が違ってくるので単純に難易度を比較しにくいのですが、電気主任技術者は特に人気の高い資格です。

国家資格であるにもかかわらず誰にでも受験できる点も、電気関係の職場で指示を出す役目という点も人気につながり、高い人気が難易度を上げています。電気主任技術者には第一種から第三種まであり、それぞれに難易度が違ってきます。

専門的な学校に通っていても難しい

電験の難しさとは工業高校の電気科の学内一位人がかなり頑張ったら取れるぐらいの資格と言えます。

引用:ヤフー知恵袋

工業高校の電気科に通っていても合格するのは難しいという意見も少なくありません。とはいえ、難易度はあくまでも目安です。

人によっては独学で取得できるレベルと口コミする人もいますから、学校でトップの成績の人でないと合格できないとあきらめることはありません。

他の難関資格と比べても高いレベル

レベルとしては高度情報処理技術者レベル。出題の範囲が高校電気科の学習範囲です。

引用:ヤフー知恵袋

行政書士やマンション管理士など、人気の資格に比べても難易度が高いとされる電験三種。同系統の資格だと、高度情報処理技術者試験と同じくらいのレベルという意見が出ています。

ただし、電気関係を専門的に勉強してきた人、好きなことだという人にとっては難しいとは感じない可能性があります。

電験三種の合格に必要な勉強時間は?

電験三種試験に合格するにはどのくらいの勉強時間が必要か、体験者の意見も含めてチェックしておきましょう。

1年かけて合格を目指すのが主流

通信講座やスクールなどに通って電験三種の合格を目指す場合、1年かけて勉強する人が多いようです。

1年に1回の試験だから対策にも1年かけようとなることもあるでしょうし、科目受験する人も1年かけて準備することに決めるケースがよく見られます。

ただし個人差もありますから、早めに準備をするに越したことはありません。

1000時間の勉強時間

3年がかりで取得しました。3年間分を合算すれば、やはり1000時間近くになると思います。

引用:ヤフー知恵袋

勉強時間には1,000時間は必要という説も根強くなっています。これは、独学などで勉強した場合です。効率を上げるために通信講座などを利用すれば、もう少し勉強時間を短縮できる可能性はあります。

1,000時間も勉強しなければならないと思うと、途方に暮れてしまう人もいるでしょう。結果的に1,000時間かかった人もいるということですから、効率の良い学習方法が見つかればもっと少ない勉強時間で合格を目指すことも可能です。

専門的な学校などで学んでいても他に学習時間が必要

電気系の学校を卒業した人でも理論の勉強時間は、100~200時間必要と言われます。

引用:ヤフー知恵袋

電気系統の専門科目を中心に学校などで学んでいても、学校の授業だけで合格レベルに達することができるとは限らないのが電験三種の難しいところです。

受験対策として100~200時間は必要という意見もあるように、勉強漬けになっていたほうが合格率は高まるのかもしれません。

電験三種の勉強法はなにがある?

電験三種試験に向けての勉強法にはどのような種類があるか、またおすすめはどの勉強法か、紹介します。

独学

電験三種試験の勉強方法としては独学も可能です。といっても、独学のみで合格を目指すのはかなり難関といってよいでしょう。

他の勉強方法に比べると、効率が悪くなる可能性があります。また、学力が上がっているのかもわかりにくく、勉強方法に迷いを感じることもあるかもしれません。

お金がかからないうえに自分だけのペースで勉強できるのが独学のメリットですが、アドバイスをくれる存在があったほうが合格には早く近づけそうです。

通信講座

独学のマイペースな学習方法にアドザイバーがついているような学習スタイルが通信講座です。通信講座によっては、添削課題などでマンツーマンの指導を受けられる機会もあります。

疑問点を解決できるように質問制度を設けて、独学のように疑問点をスルーしそうになることを避けられる通信講座も役立ちます。

通信講座では、スクール並みの講義動画を提供しているところも増えてきています。効率のよい学習を追求しているため、予算を抑えつつ勉強時間も少なめで合格したいという人におすすめです。通学や通勤中、休憩中などのスキマ時間を利用して勉強しやすいのも通信講座のメリットです。

予備校(もしくは通う形態のスクールなど)

スクールのデメリットは、お金と時間を犠牲にしなければならないという点です。通信講座でもお金がかかりますが、スクールほどではないことが多いでしょう。

スクールに通っても、自習時間を別に設けている人がほとんどです。つまり、スクールで講義を受けている時間や通学時間の他にも自習時間をプラスしなければなならないということです。

時間に余裕があればよいのですが、時間もお金もなるべく節約したいという人は通信講座のほうがメリットが大きいといえるでしょう。

まとめ

非常に難易度が高いといわれる電験三種ですが、それだけ取得している人の数も少なく、仕事に役立てられる可能性も高いということです。

誰にでも受験資格がある国家資格とはいえ、受験対策の勉強は専門的な学校に通っていても大変といわれています。

効率よく合格するための勉強法を提供してくれる通信講座などを検討してみるといいかもしれません。

 

にほんブログ村 資格ブログへ