レクリエーション介護士試験の合格を独学で目指すなら、市販のテキストや問題集は慎重に選ぶ必要があります。

どんなテキストや問題集を選べば、初心者が効率よく費用を抑えて勉強できるのか、過去問と合わせておすすめを紹介します。

レクリエーション介護士のテキスト、問題集選びのポイント

レクリエーション介護士試験に向けて独学するときにおすすめのテキストや問題集はどんなポイントに注意すればいいか、紹介します。

1冊で合格を目指せるテキスト

レクリエーション介護士試験用のテキストは、各社から何冊も出ています。

魅力的なテキストが多くて、あれもこれもと手を出したくなるかもしれません。しかしここは、気が散らないように1冊に絞って勉強するのがおすすめです。

そのため、1冊だけでもしっかり勉強すれば合格を目指せるテキストを選ぶことが大切です。

テキストに対応した問題集

これだ!と思えるテキストを選んだら、問題集もテキストに対応したものを選ぶのがおすすめです。

シリーズになったテキストと問題集を選べば、効率よく勉強を進行できます。テキストで学んだ項目を問題集ですぐに探すこともできるでしょう。

逆に、テキストと問題集をバラバラに選んでしまうと、進行や構成に慣れるのに時間がかかってしまう恐れがあります。

最新の情報に沿って作られている

直近のレクリエーション介護士試験後に出版された、最新のテキストや問題集、過去問を手に入れて勉強することが大切です。

試験内容や資格に関する最新の情報が反映されている必要がありますし、直近までの傾向が分析されたうえで編集されているのがポイントです。

古いテキストを使って勉強すると、間違った情報が記憶にインプットされてしまうかもしれません。

合格者を多数輩出している

レクリエーション介護士試験に合格している人が、本当に役立った、このテキストや問題集で勉強して合格できたと口コミしているものは有望です。

過去の試験の分析が成功していることになりますし、合格者がどんな風にテキストや問題集を活用して合格したかも参考になるでしょう。

持ち歩きに便利

移動中や外出先など、スキマ時間を有効活用して試験勉強をする人も多いでしょう。

そんなときに便利なのが、持ち歩きしやすいテキストや問題集です。片手で持っても楽なコンパクトサイズや外出先でも広げやすい問題集などを選んでみてください。

レクリエーション介護士の独学におすすめのテキスト、問題集シリーズ5選

レクリエーション介護士試験を受験するためには、所定の研修を受けなければなりません。

研修は通信教育か通学スクールでおこなっていますので、完全な独学でレクリエーション介護士に挑戦することができないのが現状です。

そこで、レクリエーション介護士試験に挑むのに役立つテキストを5つ、厳選してみました。

介護で使える言葉がけ シーン別実例250(つちや書店)

著者が現場で上手くいった言葉がけの成功事例と失敗事例が紹介されています。

言葉だけでなく、タイミングや相手の気持ちの計り方なども実践に即してあげられているのが役立ちます。

言葉がけひとつで介護の質が変わる

介護福祉士になって10年超え。言葉がけひとつで、介護の質もずいぶん変わります。

 

認知症ケアとしてのレクリエーションのデザイン(ユニオンプレス)

認知症ケアのレクリエーションデザインをおこなってきた著者が、認知症の高齢者の不安を取り除きながら介護者の職務満足度も向上するようなレクリエーション方法を教えてくれます。

実例がたくさん載っている

認知症の方そしてそのご家族様一人一人を尊重した取組みや活動が沢山載っていました。いろいろな取り組みに対して、活動前や活動後等のデータの分析もあり、数値の説得力もありわかり易かったです。

日本の伝統文化に即している

日本の伝統文化を用いたレクレーションデザインは高齢者の心に響く意欲的な取組であり、特に本物にこだわる筆者の思いは伝統文化への敬意と認知症患者の人としての尊厳を大切に考える基本理念がうかがえる。

 

お年寄りとコミュニケーションが深まる! 楽しく盛り上がるレクリエーション100(ナツメ社)

様々なレクリエーshンを100種類、オールカラーイラストで紹介しています。お年寄り同士だけでなく、介護職とのコミュニケーションも深めることに重点が置かれています。

仕事で役立っている

仕事でしっかり役だっています。使えるレクがたくさんありました。

絵の解説がわかりやすい

デイサービスのレクリエーションの参考になりました。絵の解説もありわかりやすいです。

 

参加したくなる 介護現場のレクリエーション ―意欲を高めるかかわり方と30のプログラム(中央法規出版)

レクリエーションプログラムのネタ切れや参加に消極的な利用者の問題もサポートできるように、数々のプログラムが紹介されています。各プログラムへの参加を促すポイントも、掲載されています。

仕事用に購入した

中古品での購入でした。使用するには気になりませんでした。

 

お年寄りに喜ばれる 楽しいレクリエーション ベスト55(池田書店)

介護現場で実証済みの必ず盛り上がるレクリエーションが紹介されています。

安全性ややりやすさなども考慮され、進行方法まで紹介されているので、実践で役立ちます。アレンジの仕方や声のかけ方などもあり、スタッフも一緒に楽しめるように解説されているのがポイントです。

感動した

かなり良かったです。素晴らしい・最高。感動しました。仕事に役立つ

全ての人に読んでほしい
これからの高齢者社会を明るく照らす灯台のような一冊です。老人ホーム デイサービス で介護にかかわる
全ての人に読んでほしいです。利用者さんにずっとお元気でイキイキ暮らして欲しいから。

 

レクリエーション介護士の独学合格に追加すべき教材

レクリエーション介護士試験の独学合格に向けて、基本のテキストや問題集に追加するとよい教材を紹介します。

レクリエ 2018特別号 レクリエーションで機能向上大特集 (別冊家庭画報)

レクリエーション介護の専門誌「レクリエ」の特別号です。

レクリエーションでの機能向上がテーマとされているので、読んでおくと試験にも役立つでしょう。レクリエショーン介護士試験を目指すにあたって、レクリエを定期的に購読するのもおすすめです。

まとめ

レクリエーション介護士の仕事では、どんなレクリエーションをおこなうかのネタ作りや盛り上げ方、参加の促し方などに悩む人も多いようです。実践に即した勉強をすることが、試験合格への近道にもなるでしょう。

口コミはamazonから引用

 

にほんブログ村 資格ブログへ