旅行管理者試験の合格を独学で目指すなら、市販のテキストや問題集は慎重に選ぶことが大切です。

どんなテキストや問題集を選べば、初学者が時間を有効に使いつつ費用を抑えて勉強できるのか、過去問と合わせておすすめを紹介します。

旅行管理者のテキスト、問題集選びのポイント

旅行管理者試験に向けて独学するときにおすすめのテキストや問題集はどんなポイントに注意すればいいか、紹介します。

解説が詳しい

テキストはもちろん、問題の解説も詳しく掲載されていると、学んでいることを正しく理解できます。また、自分が理解しやすい解説が載っていることも重要です。

理解しにくい表現や難しいレベルでの解説が多いと、そのテキストで旅行管理者試験の学習を断念してしまう恐れもあります。

テキストと問題集がシリーズ

テキストで学んだことをすぐに関連の問題で解けると、実力が確実につきやすいです。その意味で、同じシリーズのテキストと問題集を使うと効率よく勉強できるでしょう。

テキストに合った問題を探すだけで時間がかかってしまうと、それだけで疲れてしまいます。問題が充実したテキストを選ぶのもありです。

最新の法改正などが反映されている

法改正や制度など、最新の情報が反映されているテキストや問題集を選びましょう。

古いバージョンで勉強してしまうと、最新の情報に沿った知識が身に付かず試験で失点してしまうかもしれません。

要点を教えてくれる

テキストでも問題集でも、ここは過去に頻出している、必ず覚えておきたい知識などの要点を教えてくれると親切です。

全ての範囲を網羅しようとしても、初心者には限界が出てくることもあります。要領よく勉強するためには、ポイントを教えてくれるテキストを使うのが効率的です。

写真やイラストが豊富

旅行管理者試験では、写真や地図などが多用されたテキストで学習したほうがイメージがつかみやすいです。

できればフルカラーで見やすいものを選ぶと、より確実な知識がつくでしょう。理解力のアップにも、写真やイラストは便利です。

旅行管理者の独学におすすめのテキスト、問題集シリーズ5選

旅行管理者試験の独学におすすめしたいテキストや問題集シリーズも、5つ厳選してみました。

U-CANの国内・総合旅行業務取扱管理者 速習レッスン(U-CAN)

最新の旅行業法に対応したテキストで、初心者でも効率よく楽しく学べるように出題分野に応じた正しいアプローチが工夫されています。

図やイラストも多く、わかりやすさと丁寧さにこだわった1冊です。

ユーキャン講師が教えてくれる

ユーキャンの講師が説明しながら解説しているというスタイルの一冊。「試験にはどういう内容の問題が出されるか」という観点からの説明・解説がなされています。

わかりにくいところもしっかり解説

勉強中ですがわかりやすいです。わかりにくい言葉・痒いところもしっかりと解説されています。

 

一発合格! 国内旅行業務取扱管理者試験テキスト&問題集(ナツメ社)

運賃問題で確実に点がとれるなどの工夫が凝らされ、旅行業約款を徹底理解できるようにやさしい解説が付いています。

赤シートを活用した暗記にも便利で、絵地図で視覚的に理解できるのもポイントです。

重要なポイントが掲載されている

重要なポイントちゃんと明記していて、非常に勉強しやすい本です。

 

旅行業務取扱管理者試験 標準テキスト(大原出版)

資格の専門学校である大原が出しているテキストで、1冊で試験に出る知識をマスターできるのが特徴です。

大原の専任講師が過去問を徹底分析し、合格に必要なポイントを厳選。写真や地図を豊富に掲載し、出題項目一覧表も便利です。

時短学習に便利

観光地理の大切なところを詳しく書いているので、観光地理を勉強するにはお勧めできるテキストだと思います。

見やすいテキスト

ひとつひとつの観光地の紹介が読みやすく、勉強しやすいです。これを覚えれば本試験を網羅できそうです。

 

国内旅行業務取扱管理者 合格教本(技術評論社)

短時間で一発合格するための勉強ができるテキストです。いかに効率よく得点するかをキーポイントに、最低限必要な知識だけがピックアップされています。

各項目が2~6ページ程度にまとめられているので、飽きずに学習を進められるでしょう。

途中だが読みやすい本

半分読めたかな~全部読み終わらなければ良さがわからないが本は綺麗でした。

 

スラスラ覚える国内・総合旅行業務取扱管理者一挙合格ゼミ(新星出版社)

合格率トップを誇る専門学校の講師陣が集結して、解説をしてくれるテキストです。要点をうまくまとめてあり、試験直前の見直しにも役立ちます。

合格できそう

以前使っていた参考書に比べると要点がわかりやすく、手続きに関する日数などをまとめたページもあるので、試験直前の最終の見直しにも使えます。

こちらと、HPの過去問で勉強しましたが自己採点ではなんとか受かってそうでした。

重要ポイントが簡潔

初めてなので、内容が濃く深い内容だと”飽きる”または”思考力が疲れてスピードダウン”になり易いので、この1冊がとても役に立ちました。

重要ポイントを簡潔に分かりやすく述べられており、過去の試験や常に頻度の高い問題点を突いてくれています。

 

旅行管理者の独学合格に追加すべき教材2選

旅行管理者試験の独学合格に向けて、基本のテキストや問題集に追加するとよい教材を紹介します。

ユーキャンの旅行業務取扱管理者<観光資源(国内・海外)> ポケット問題集&要点まとめ(U-CAN)

人気の通信教育ユーキャンから出ている、ポケット問題集と要点がまとめられた1冊です。

数多くの問題が収録されており、ビジュアルマップで要点が整理されているのがわかりやすいです。直前の学習にも、役立ちそうです。

国内旅行業務取扱管理者 過去問題集(TAC出版)

過去問5年分を収録し、頻出問題を押さえることができます。選択肢ごとに詳しい解説が付いていますが、初心者にもわかりやすい説明になっています。

まとめ

旅行管理者試験は、試験科目の範囲が広いのが初心者にはハードルとなるでしょう。

わかりやすい解説がされているテキストや問題集を選ぶことで、ハードルを一つ一つ乗り越えることができれば、着実に力をつけていけるはずです。

口コミはamazonから引用

 

にほんブログ村 資格ブログへ