電験三種は、人気の国家資格です。独学で勉強のスケジュールを計画して不合格になったら、悔やんでも悔やみきれませんね。

失敗しないための勉強法や勉強時間を下調べして、電験三種試験の合格を目指しましょう!

電験三種試験で独学合格するために押さえるべきポイントは3つ

まずは、電験三種試験に独学で合格するために押さえておきたいポイントを3つ、紹介します。

合格ラインを理解すること

電験三種(第三種電気主任技術者)試験は、毎年9月に実施されています。合格率は8~9%前後ですから、10人に1人受かるか受からないかといったところです。

ただ、合格率が低いからといって惑わされることはありません。電験三種試験には合格ラインがあり、得点がそのラインに達すれば合格できるのです。

合格基準点は、毎年10月下旬に発表されます。試験の結果が発表された後で、毎年のように科目ごとに調整されています。

平成27年度から平成30年度の試験では理論・電力・機械の3科目が55点、法規が51~55点といった合格点です。

平均して60点を超えることはないものの、実は4科目それぞれ60点以上得点するのが合格基準とされています。各科目で60点の得点を目指せば、合格は固いでしょう。

法規の勉強を優先すべし!

電験三種試験の出題科目は、理論・電力・機械・法規の4つです。それぞれの60点以上得点しなければ合格できないのが基本ですから、どの科目もまんべんなく理解しておく必要があります。

苦手な科目を重点的に学習する必要がある一方で、過去の合格点にも目を向けておいたほうがよいでしょう。

年度によっても大きな差がありますが、平成30年度の試験では法規の合格率が大幅に下がっています。

法規を侮っていると失敗してしまう可能性があるため、油断せずに勉強しておくことをおすすめします。

また、理論は例年合格率の高い科目ですが、平成30年度の試験ではいつになく合格率がダウンしています。問題の難易度が高かった可能性もあり、苦手なところは作らないようにしなければなりません。

学習スケジュールの計画を立てること!

他の資格試験に比べると、電験三種試験の範囲は4科目と少ないほうです。といっても、仕事をしながら受験を目指す人も多いため、余裕で対応できるとはいえないかもしれません。

また、4科目それぞれ60点以上得点しなければならないことから、捨て科目を作ることもできません。そのうえ不得意科目がある場合は、なおのこと勉強が大変に感じられるでしょう。

どんな受験勉強も、学習スケジュールをしっかり計画すればこなせないことはありません。逆に、学習スケジュールを立てずに受験勉強を始めたりスケジュールを計画し間違えれば、途中で挫折したり合格得点を取れる学力に達しない恐れがあります。

受験勉強を始める前には必ず学習スケジュールを立てて、常に計画を見直しながら勉強を進めるのが合格への近道です。

電験三種試験で独学合格するためのスケジュール計画の内容

電験三種試験に独学合格するためには、学習スケジュールを計画しておく必要があります。

目安になるのは、過去に合格した人がどのくらいの時間勉強していたかです。平均的な学習時間やそれをこなすための期間について、見ていきましょう。

電験三種試験合格に必要な勉強時間は「500~1,000時間」

まず、電験3種のテキストに臨む前に、数学と物理の勉強ですね。ここからは、(偏差値55として)乱暴に言えば、ざっと1000時間の勉強で合格のレベルに達することができるでしょう。
引用:Yahoo知恵袋

勉強の仕方としては(他の質問にも回答していることですが)、「とにかく時間をかけてテキストや問題に取り組むしかない」とうことでしょう。勉強時間は1,000時間以上ぐらい。
引用:Yahoo知恵袋

電験三種試験合格には、1,000時間以上の勉強が必要だという人が多いです。ただ、数学が得意な人なら500時間くらいでも合格点が取れるという意見もあります。

それほど、数学の素養が必須となってくる試験だということです。そもそも数学が苦手という人では、1,000時間を大幅に超える勉強時間が必要となるかもしれません。まずは、どのような試験が出題されるのかを過去問などで確認してみてはいかがでしょうか。

10か月前に勉強を始める場合

電験三種試験の合格点が発表されるのは、毎年10月下旬です。9月に試験を終えてその結果発表後に合格点が発表されるわけですが、次の年の試験に挑戦する人はそこから対策を始めるのが妥当でしょう。

そうなると、対策にまるまる一年費やすわけにはいきません。試験前10ヶ月間くらいが、正味の勉強期間となります。もちろん何年も挑戦している人もいますから、自分なりのペースで力をつけていくのもありです。

1,000時間の学習時間を10ヶ月間でこなすには、1ヶ月間で100時間の勉強をしなければなりません。毎日無休で勉強し続けるとしても、1日に3時間以上の勉強が必要です。

10ヶ月間もそのペースで勉強を続けるのは大変ですが、移動中や休憩中などのスキマ時間を無駄にせずに勉強にあてれば自宅などで集中して学習する時間を少なくすることもできるでしょう。

半年前から勉強を始める場合

6ヶ月間で1,000時間の勉強をするには、1ヶ月間に170時間近く勉強する必要があります。毎日休みなく勉強するとしたら、1日に6時間程度とらなければなりません。

毎日6時間を勉強時間に費やすのは、働きながらでは難しいでしょう。昼休みなどに食事をしながら勉強できるように、動画や音声を使った教材で勉強できると効率的です。

3か月前から勉強を始める場合

3ヶ月間で1,000時間の勉強をこなすのは、働いている人でなくても困難です。1ヶ月間で300時間以上の学習をする必要があり、1日では10時間以上の学習時間をとらなければなりません。

それほどの学習時間をとれるとしても、10時間ぶっ続けで集中し続けるのは無理があります。こまめに休憩を入れつつ、心身にストレスがかかり過ぎないような勉強法を取り入れるのがポイントです。

聞き流すだけで身になったり、過去の出題傾向を徹底調査して作り上げているような教材をおすすめします。

電験三種試験に独学合格するために動画・音声教材を有効活用すべし!

電験三種試験に独学で合格するためには、スキマ時間を有効に使うのが効果的です。長時間集中し続けるのは心身共に疲れるうえに効率が悪いため、ちょっとした合間の時間を使った勉強がモノをいうのです。

そんなスキマ時間を使った学習に役立つ、動画・音声教材が優れた通信講座を紹介します。

SAT株式会社 第三種電気主任技術者パーフェクト講座

テキスト4冊に講義DVDが中心となった教材で学べる通信講座です。講義DVDはMP3音源としても取得することができ、移動中などのながら学習にも便利に使えます。

講座にはガイダンスも付いてきて、過去5年間分の過去問題集も取り組みがいがあります。講義内容は、スマホやタブレットでも学習可能です。わからないところを専任講師が24時間メール対応してくれたり、30日間返金保証制度があるのも魅力の一つです。

ヒューマンアカデミー 電験三種DVD通信講座

オリジナルテキスト5冊に講義DVDが30枚も付いてくる、教材が充実した通信講座です。講義DVDは80時間分もあり、スキマ時間を利用した学習に向いています。

過去10年間分の出題傾向を分析した資料や理解度確認テストなど、徹底した分析による教材に仕上がっている点にも注目です。教材が業界トップクラスのボリュームだけに、理数系の素養が少ない人にも向いています。

ユーキャン 電験三種合格指導講座

テキスト6冊に添削課題10回分が付いた通信講座です。数学が苦手な人にも付いていけるように、やさしい数学ナビなどの教材が付いてくるのも親切です。

受験生専用の学習支援Webサービスがあり、ポイントを煮詰めた動画解説やクイズのように取り組めるWebテストでスキマ学習ができるようになっています。

他の通信講座に比べると低価格なのが魅力ですが、テキストもしっかりぶ厚く充実しています。

まとめ

電験三種に独学合格するには、サポーターとして通信講座を活用すると効率的です。

DVDで講義を視聴したりWebテストをしたりと、短いスキマ時間を使った学習もできるようになっています。学習スケジュールをナビしてくれる講座もあるので、検討してみてください。

 

にほんブログ村 資格ブログへ