個人情報保護士試験は、初心者にも合格しやすい資格試験とはいえ決して簡単というわけではありません。

頻繁に注目されるようになった問題を取り扱っていることから、法改正にも敏感になる必要があります。

そんな個人情報保護士試験に向けて独学で勉強するための市販テキスト・問題集・過去問から低コストのおすすめを紹介します。

個人情報保護士のテキスト、問題集選びのポイント

個人情報保護士試験を目指すにあたって必要になる、テキストや問題集を選ぶポイントを紹介します。

最新版の情報で構成されている

個人情報保護法は、インターネットが普及するようになってニュースでもよく取り上げられる問題です。

法改正も珍しくなく、それに合わせた最新版の情報で構成されたテキストや問題集に取り組む必要があります。

古いテキストや問題集で勉強したために本試験で失点したなんてことにならないよう、注意しましょう。

図表やイラストが豊富なテキスト

テキストは、わかりやすく理解できることが基本です。図表やイラストが豊富に入っていると、法律関連でも初心者にイメージがつかみやすいでしょう。

カラー印刷が駆使されているかどうかも重要です。1色刷りのテキストでは、集中力が途切れてしまったり内容を難しく感じてしまいがちです。

解説がわかりやすく詳しい

問題集の解説は、詳しく出ているものを選びましょう。もちろん、わかりやすさも重要です。問題の答えだけが書いてあっても、〇×しかわかりません。

その問題で学ぶべきことが解説されていることで、より深い内容理解を目指すことができます。

テキストと問題集がリンクしている

テキストの内容と問題集がリンクしていれば、学んだことをすぐに問題集で解くことができます。

同じシリーズのテキストと問題集を使えば、テキストと問題がリンクしていることも多く効率的に勉強を進められます。

合格者を数多く輩出している

そのテキストや問題集を使って個人情報保護士試験に合格している人が多ければ、選ぶ価値が大いにあります。

できれば、そんな口コミはたくさんあったほうが信頼できます。つまり人気の高いテキストや問題集には、合格力がつくと評されるだけのことがあるわけです。

個人情報保護士の独学におすすめのテキスト、問題集シリーズ5選

ここで、具体的に個人情報保護士試験におすすめのテキストと問題集シリーズを5つ厳選してみました。

個人情報保護士認定試験公式テキスト/個人情報保護士認定試験公式精選過去問題集(日本能率協会マネジメントセンター)

個人情報保護士試験唯一の公式テキストと問題集で、エキスパートを認定するための試験範囲全分野が解説されています。

過去問題は項目別に出題されており、テキストの理解度を確認するために役立ちます。

ちょうどいい分量
ちゃんとまとめられていて、小テストと交互にやっていけば、これだけで十分に闘えます。分厚すぎると気が滅入りますが、分量は丁度良い感じです。

本試験で手ごたえあった
解答速報で自己採点した結果は88/100でした。このテキストを使用した総時間は17時間です。あとはアプリの問題を隙間時間に解いた程度です。

 

U-CANの個人情報保護士 これだけ!一問一答&要点まとめ 第2版【赤シートつき】 (ユーキャンの資格試験シリーズ)

61項目の要点まとめと〇×形式の580問が掲載されているテキストと問題一体型の一冊です。

コンパクトで移動中にも使いやすく、頻出ポイントを押さえるのに役立ちます。本試験直前の対策にも、効果的です。

とてもよくまとまっている
全くの素人でしたが、準備は試験の1ヶ月半前に開始。「公式テキストを2週間で3回ジックリ ⇒この問題集を3週間ジックリ4回 ⇒仕上げ1週間」これだけででしたが、無事合格できました。この問題集は、とても分かりやすく また携帯し易く、とってもよくまとまっています。

合格できた
こちらの問題集を一読した後に「改訂4版 個人情報保護士認定試験公式精選過去問題集」を1周しました。それで無事に合格できました。

 

スピード学習 個人情報保護士試験≪完全対策≫(あさ出版)

個人情報保護士試験の実施協会から公式認定されているテキストだけあって、協会の公式問題集と合わせて勉強すると、力がつきます。

解説文中のキーワードは、丁寧に説明したうえで巻末に索引をつけてあります。練習問題にトライしてもよくわからなかった場合は、解説に戻って繰り返し学習するのが効果的です。

最短合格に打ってつけ
数ある個人情報保護士のテキストの中で一番読みやすく、スッキリしていてとてもわかりやすい良書です。テキストと問題のバランスも良く、短期間で読み終えることができます。最短合格にはうってつけの著書です。

一冊で合格狙える
内容が読みやすく理解しやすい。軽く理解して、数問問題を解いて次へといった感じ。バランスも良く、これ1冊で合格点は狙えると思う。

 

個人情報保護士認定試験 一発合格テキスト&問題集(オーム社)

要点を押さえた解説が充実したテキストと問題集一体型の一冊です。

個人情報保護法とマイナンバー法にも対応しており、頻出される要素をピックアップして独自の例題を収録しています。

 

個人情報保護士の独学合格に追加すべき教材

個人情報保護士試験の独学合格に向けて、テキストや問題集に追加しておきたい教材を紹介します。

個人情報保護法の知識(日経文庫)

改正個人情報保護法について徹底解説された一冊です。

企業で個人情報を取り扱うときに必要なルールについて知り、関連するマイナンバー法についても理解できるようになっています。実践に即した本だけに、試験にも役立つはずです。

コンパクトで内容は充実
コンパクトな新書サイズですが,個人情報保護法の条文に沿って,必要な解説が凝縮されており,重宝します。

わかりやすく参考になった
法律制定の経緯も含め、大変わかりやすく参考になった。会社の関連規定の見直しを担当しており助かった。

 

まとめ

個人情報保護士試験は、実践でもしっかり役立つ資格です。わかりやすいテキストや実践に即した問題集を選ぶことで、最短距離の合格を目指しましょう。

口コミはamazonから引用

 

にほんブログ村 資格ブログへ