旅行管理者は、人気の国家資格です。

独学で勉強のスケジュールを計画して不合格になったら、悔やんでも悔やみきれませんね。

失敗しないための勉強法や勉強時間を下調べして、旅行管理者試験の合格を目指しましょう!

旅行管理者試験で独学合格するために押さえるべきポイントは3つ

まずは、旅行管理者試験に独学で合格するために押さえておきたいポイントを3つ、紹介します。

合格ラインを理解すること

旅行管理者試験は、国内旅行業務のみを扱えるものと国内外の旅行業務を扱える総合があります。

国内業務の場合は合格率が30~40%、総合の場合は10~20%総合のほうが難易度が高くなっています。いずれも全問マークシート方式の筆記試験のみで、合格ラインは各科目で60%以上の得点です。

旅行管理者試験の出題範囲は、旅行業法およびこれに基づく命令、旅行業務約款・運送約款・宿泊約款の2科目に加えて国内業務資格なら国内旅行実務が、総合業務資格なら国内と海外旅行両方の実務が課されます。

ただし、国内旅行業務資格を取得していれば総合の国内旅行実務は免除される仕組みです。

出題科目全てで60%以上得点しなければならない試験ですが、残りの40%は得点できなくても合格できるわけですから、効率よく勉強すれば合格の確率は高まります。

過去問題の傾向を分析するなどして、効率よく合格点を取りたいところです。

旅行業約款の勉強を優先すべし!

旅行管理者で出題される科目は、2科目+実務です。旅行業法の科目は、他の科目と比べると解きやすい傾向があります。

ただし、旅行業法の改正により平成30年度の試験に過去とは異なる部分が出てきているため、今後も最新の動向に注意しておく必要があるでしょう。

一方、約款についての出題は旅行業約款についてが全体の8割を占めています。あくまでも過去の出題傾向ですが、ここに力を入れておくと得点しやすくなります。

学習スケジュールの計画を立てること!

学習スケジュールを計画してやるべき勉強をこなすのは、限られた学習時間で合格を目指すために重要です。

効率のよい学習スケジュールを立てることも大切で、得意な科目に力を入れながらも不得意科目を克服するための準備をしなければなりません。

学習スケジュールの計画に失敗すると、勉強を始めてから時間が足りないと慌てる羽目になりかねません。余裕を持ったスケジュールにすることも、大切にしましょう。

旅行管理者試験で独学合格するためのスケジュール計画の内容

旅行管理者試験は、初学者が挑戦しても合格できる可能性が高い資格試験だといわれています。

ただし、国内旅行業務と総合旅行業務では合格率に大きな差があり、特に独学では学習スケジュールの立て方に注意しなければなりません。

旅行管理者試験合格に必要な勉強時間は「200~300時間」

旅行管理者試験の合格に必要な勉強時間は、200~300時間程度だといわれています。国内旅行業務で200時間総合旅行業務で300時間といったところです。

あくまでも目安ですから、個人によって差が出ることは理解しておきましょう。このくらいの学習期間を標準としているスクールや通信講座が多く、実際に合格した人の中にも200~300時間程度の学習で試験にパスした人が多いということです。

10か月前に勉強を始める場合

10ヶ月間くらいの学習期間があると、割と余裕で試験の準備ができるでしょう。もちろん、200~300時間程度の学習時間で合格できる場合です。

1日1時間程度の学習を毎日続ければ、標準的な学習時間はこなせる計算です。これなら、働きながらでも無理なく勉強に取り組めるのではないでしょうか。移動時間なども有効活用しながら、ストレスなく勉強できるのが理想です。

半年前から勉強を始める場合

たぶん勉強は半年弱くらいだったと思います。勉強方法はひたすらユーキャンの教材だけをやったって感じです。
引用:Yahoo知恵袋

半年前から勉強を始めて、国内旅行業務試験に合格したという人は多いようです。

1日1~2時間の勉強が必要になりますが、スキマ時間を使うことでまとめての学習時間をあまりとれない人でも対応しやすいでしょう。

ただし、通信講座などでも半年間くらいを標準学習期間としているところは多く、余裕というほどの準備期間はないことも理解しておく必要があります。

なるべく先取りしてスケジュールをこなすようにして、直前になって時間が足りないという事態にならないようにすることが大切です。

3か月前から勉強を始める場合

標準学習時間は3~4か月です。総合試験で8カ月と言われています。
引用:Yahoo知恵袋

3ヶ月前から学習を始める場合、国内旅行業務では対応できるかもしれませんが総合旅行業務ではかなり大変になりそうです。

標準的には3倍の期間で準備するところですから、毎日の勉強時間も3時間以上こなさないと計算に合いません。

毎日働いている人が毎日3時間以上勉強し続けるのは、時間をとるだけでも至難の業です。合格率を誇る通信講座などを活用して、効率よく学ぶことを重視しましょう。

旅行管理者試験に独学合格するために動画・音声教材を有効活用すべし!

旅行管理者試験に独学で合格するためには、スキマ時間を有効に使うのが効果的です。

長時間集中し続けるのは心身共に疲れるうえに効率が悪いため、ちょっとした合間の時間を使った勉強がモノをいうのです。そんなスキマ時間を使った学習に役立つ、動画・音声教材が優れた通信講座を紹介します。

フォーサイト 旅行業務取扱管理者通信講座

圧倒的な低料金と高い合格率を誇る通信講座で、国内旅行業務なら90%以上の人が合格しているのに注目です。総合旅行業務でも60%以上の合格者を出しているだけに、無駄なく得点できる学習法の秘儀があることがうかがえます。

秘密の一つは、視覚と聴覚をフル活用する体験学習スタイルの講義DVDにあります。生の講義を受けているような迫力ある講義動画は、なかなか勉強に身が入らないという人のやる気スイッチも押してくれそうです。また、テキストがフルカラーで表やイラストなどが多いのも特徴です。

ユーキャン 旅行業務取扱管理者講座

テキストがメイン教材ながら、パソコンやスマホで見られる動画解説もある通信講座です。また、添削課題が10回分付いてくるのも特徴で、いわば個別の指導をしてもらえることになります。

疑問点はメールで質問できるうえに、スマホやタブレットでも学習可能なe-ラーニングも利用できます。受講するとプレゼントされる文房具セットも、やる気につながるポイントです。

たのまな 総合旅行業務取扱管理者講座

非常識合格でおなじみのクレアールと提携して生まれた通信講座で、総合と国内の2種類があります。いずれもテキストと講義動画、問題集が中心となった教材で、添削課題が付いてくるのも特徴です。

学習の進め方についても丁寧な案内があり、そのまま従っていればどんな風に学習しようかと迷うこともないでしょう。毎年の出題傾向を徹底分析しているので、常に最新の情報で勉強することができます。

まとめ

旅行業で唯一の国家資格となる旅行管理者は、受験資格の制限もなく多くの人が受験を目指します。特に国内旅行業務試験については初学者のチャレンジが多く、合格率も高めの資格試験です。

一発合格を目指すためには、無駄なく効率よく学習することも大切です。通信講座の利用も検討して、無駄なく勉強できる環境を整えましょう。

 

にほんブログ村 資格ブログへ