登録販売者試験の合格を独学で目指すのにおすすめの市販テキスト・問題集・過去問などを紹介します。

初心者でも勉強しやすい内容で、コストを抑えた対策をするために、効率の良い学習を目指してくださいね。

登録販売者のテキスト、問題集選びのポイント

登録販売者試験を目指すにあたって必要になる、テキストや問題集を選ぶポイントを紹介します。

直近の試験後に出版されている

年に1回実施されている、登録販売者試験。最新の試験に対策するためのテキストや問題集は、最新の内容を選ぶのがベストです。

古いテキストや問題集は値段が手頃なことがありますが、場合によっては試験基準に合っていなかったり法改正などに対応していない可能性もあります。

直近の試験後に出た最新版を選ぶことで、安心して無駄のない学習ができます。

視覚的に見やすいテキスト

テキストでは、ビジュアルも重要です。特に初心者が学習内容を効率よく確実に理解するには、イラストや図表の助けがモノをいいます。

文章だけの説明ではわかりにくいというときにサポートしてくれるイラストが豊富で、カラー印刷のほうが頭に入りやすいです。

解説から内容を理解できる

問題集では、解説部分に注意です。問題を解いて答え合わせをするとき、解答だけが記されていてもあまり役に立ちません。

何を学んだのかがわかるように、問題について詳しく解説されている問題集がおすすめです。ただ、解説が難しくてもわかりにくいので、各問題に初心者でも理解しやすい解説がついているものを選びましょう。

同じ出版社から出ているテキストと問題集

どんなに人気のあるテキストと問題集でも、異なる出版社から出ているものは合わせて使いにくいところがあります。

出版社によってこだわりが違うので、それぞれのモードに合わせて勉強するためのスイッチ切り替えが必要になるでしょう。

そのぶん非効率な学習になってしまうので、テキストと問題集は同じ出版社から出ているものを選ぶのがおすすめです。同じ出版社の中でも、同じシリーズのものを選ぶようにしましょう。

高評価の口コミが多い

口コミで高い評価を複数得ているテキストや問題集は、使える期待が高いです。これはよかったと思えるものに、人は評価をしたくなるもの。

数多くの良い口コミが寄せられていれば、多くの人に役立った証拠です。相性もありますが、複数の低い評価があるものや口コミのないものは後回しの候補にしたほうがいいかもしれません。

登録販売者の独学におすすめのテキスト、問題集シリーズ5選

ここで、具体的に登録販売者試験におすすめのテキストと問題集シリーズを5つ厳選してみました。

ユーキャンの登録販売者 速習テキスト&重要過去問題集 第2版【オールカラー&過去問200題収録】 (ユーキャンの資格試験シリーズ)

オールカラーのテキストと問題集が一体型になったもので、過去問が200題収録されています。

厚生労働省が出した「試験問題の作成に関する手引き」の重要項目を31日分に分けて収録しているので、こまめに学習しやすいのもポイントです。

徹底解説された医薬品の知識、出る順に収録された生薬など、便利な工夫が随所に凝らされています。

モチベーションを保ちやすい
31日で400ページ!覚えることが多い(笑)一般医薬品や人体の知識等は資格を超えてQOLの観点からも必須なので勉強しようかなというモチベを裏切らない一冊!

短文での解説で頭に入りやすい
ポイント間の文章も長くなく、頭に入りやすいと思います。色はカラーです。読み仮名もちゃんとあります。

 

らくらく完全攻略!登録販売者試験合格テキスト&問題集 第2版(ナツメ社)

最新の情報に準拠した内容で、テキストと問題集が一体化しています。

重要キーワードや得点アップのためのアドバイスが詳しく、赤シートでの復習にも便利です。理解度を確認するためのミニテストも、役立ちます。巻末には、模擬試験が1回分収録されています。

これで合格した
5年前に一度受けて落ちたんですが(今年再チャレンジ)何がどうなるからこう!みたいなのが書いてあって分かりやすくてなるほどーって思いながら読んでます。受かりましたー

バランスがいい
試験内容のテキスト,ミニテスト,過去問,模擬試験問題が含まれたバランスのとれた書。

 

登録販売者 合格教本/らくらく突破 登録販売者試験 厳選問題240(技術評論社)

左ページに解説、右ページに〇×問題を配した見開きでテキストと問題に取り組める構成です。

〇×問題は1000問以上掲載されており、付録のCD-ROMにも問題が大量に収録されています。問題集は、全国の本試験出題から厳選した240問が掲載されています。

テキストを読んですぐに問題を解ける
解いて即座に知識確認ののやり方が知識定着すると思います。間違えたところはすぐに見直せるので。

独学で選んだテキスト
独学からの受験でこちらのテキストを選びました。準拠とあるだけあり、試験問題にでた普段あまり目にしない成分や生薬についても触れられていました。

 

7日間でうかる! 登録販売者 テキスト&問題集/うかる! 登録販売者 過去問題集(日本経済新聞出版社)

テキストと過去問・模擬テストがオールインワンになった1冊で、短期間で合格を目指すのに役立ちます。

合格に必要なポイントに絞り込んであり、頻出箇所にもマーキング。別表で確認できる生薬・漢方・まぎらわしい成分名なども便利です。過去問題集は、過去5年分の問題から重要な480問を厳選しています。

補助テキストとしておすすめ
薬の勉強を初めてした者です。基本に他のテキストがあり、補助としてこの本を使うことをお薦めしたいです。

過去問が分野別で効率がいい
過去問題を分野別に整理してあるので、非常に効率よく学べます。やはり、過去問は分野別にかぎります!効率よく暗記ができます。

 

登録販売者になる! いちばんわかるテキスト! 本番向け模擬試験120問付き!(メディカルレビュー社)

単元ごとにチェックテストを用意した、最新の手引きに準拠したテキストです。過去問を徹底分析した模擬試験が120問掲載されています。

重要語句が赤字で記されており、付属の赤シートで暗記することもできます。

バイブルとなった一冊
ポイントを絞ったテキストもありますが、バイブルのようなテキストが1冊だけあれば助かります。人によっては1ヶ月やそこらの学習で合格との記載を散見しますが、最低テキストを2~3回覚え直し、別途問題集を繰り返し不安要素を縮小するには3か月以上勉強しました。お陰様で合格し本書は名実ともにバイブルです。

 

登録販売者の独学合格に追加すべき教材

登録販売者試験の独学合格に向けて、テキストや問題集に追加しておきたい教材を紹介します。

現場で使える 新人登録販売者便利帖 成分と特徴で選ぶOTC医薬品 (現場で使える便利帖)(翔泳社)

新人の登録販売者を応援する、OTC医薬品のガイドブックです。

顧客のニーズに応えて最適な商品を絞り込むための知識が、わかりやすく解説されています。シリーズで様々なテーマが案内されているので、現場で働く際に重宝します。

載っていないものがないくらい便利
店頭でもよく相談される「総合感冒薬」「鎮咳去痰薬」「鼻炎薬」「胃腸薬」「鎮うん薬(酔い止め)」は特に充実しています。載っている医薬品も有名なものが多く、自分の働く店舗に無いものは一種類のみでした。

商品名もあるのが参考になる
症状別に効果のある薬を並べて、成分や用法、特徴もわかりやすく表にしてあります。商品名も書いてあるところが、とても参考になります。

 

まとめ

登録販売者試験向けのテキストや問題集は、一冊にまとまったタイプが多めです。

その分、お金を浮かした勉強ができますね。合格目指して、最適な一冊を選んでください。

 

口コミはamazonから引用

 

にほんブログ村 資格ブログへ