2014年に始まった資格、認知症介助士は年に6回実施されている福祉関連の仕事です。

比較的難易度が低い試験ですが、学習方法によっても合格率が異なるという特徴もあります。

例えば、通信講座を修了して在宅受験すれば90%以上の合格率を得られるといった簡単そうな方法もあるのです。

認知症介助士と他の資格試験を比較した難易度や合格に必要な勉強時間について、調べてみました。

認知症介助士の難易度、合格率は?

まずは、認知症介助士の難易度や合格率がどのくらいか、なぜその難易度なのかについても見ていきましょう。

出題数は30問のみ

認知症介助士の試験は、合格率が高く難易度が低めといっていい試験です。

理由は、出題数がたった30問のみで記述式限定という点にあります。福祉関連の仕事には実技研修が必須だったり、記述式だけでも合格ラインに達する条件が厳しい試験もあります。

その点、認知症介助士は誰でも受験できるうえに合格ラインも30点満点中21点以上と挑戦しやすいのが特徴です。

通信講座修了と在宅試験で合格率90%以上

認知症介助士には、指定の通信講座を修了して在宅試験を受ければ容易に資格を取得できる方法も用意されています。

もちろん試験に合格する必要はありますが、わざわざ試験会場に出向いて緊張の中試験を受けるよりは自宅で受験できるのは気が楽でしょう。

また、試験に対応した通信講座を修了していると合格率が高まるのもポイントです。90%以上ともいわれる合格率を誇る通信講座を受講すれば、独学よりも効率よく合格を目指せます。

年に6回もある試験チャンス

認知症介助士の試験は、1年に6回実施されています。ほぼ2ヶ月おきに試験日が設けられていることから、何度もチャレンジしやすいのもメリットです。

たった5時間ほどのセミナーを受講して受験対策をおこない、合格することもできます。認知症の人が急増していることから、認知症介助士のニーズが高まっていることも合格率の高さに関係しているでしょう。

認知症介助士は他の資格と比べると難しい?

ここでは、認知症介助士とよく比較されている他の資格と比べて簡単か難しいかについて、口コミを参考に調べてみました。

認知症に関する資格は多い

認知症に関する資格は10種類ほどもあり、いずれも民間資格です。認知症介助士の他には、認知症ケア専門士や認知症ライフパートナー、認知症予防専門士などの資格もあります。

資格によって実務経験が必要なものもありますから、そうした資格に比べれば認知症介助士は難易度が低めの資格試験といってよいでしょう。受験資格もなく、誰でも受験できるのは気軽です。

認知症関連の資格にもレベルがある

認知症に関する資格の最高峰は「認知症実践者研修」です。

引用:ヤフー知恵袋

数多くの認知症に関する資格が誕生しているのは、認知症を患う人が急増しているからでしょう。

10種類ほどもある認知症関連の資格ですが、中でも最高峰とされているのは認知症実践者研修です。これには実務研修が必要で、認知症介助士試験よりも難易度が高いと考えられています。

実務研修がある資格試験は難易度が高い

民間の資格で、実務研修なども課されていないので、ごく初心者向きです。

引用:ヤフー知恵袋

どんなジャンルの資格試験でも、実務研修があるものは比較的難易度が高めです。試験そのものの難易度は低かったとしても、受験資格を得るまでに苦労がある場合が多いのです。

その点、認知症介助士試験は実務研修がないうえに通信講座を受講すれば高い合格率で目標に到達することができます。記述式のみで出題数が少ないのも、認知症介助士試験のハードルを低くしています。

認知症介助士の合格に必要な勉強時間は?

認知症介助士試験に合格するためにはどのくらいの勉強時間が必要か、口コミを参考に紹介します。

1日での合格も可能

認知症介助士には3つの取得方法があります。1つは、指定の通信講座を修了して在宅受験をする方法です。もう1つは、独学で試験会場に出向いたり在宅で試験を受ける方法です。

最後の1つは、セミナーを受講してから試験を受ける方法です。いずれも、他の資格試験対策に比べれば比較的容易に準備できる試験といってよいでしょう。

特に、セミナー受講での対策はたった1日5時間のセミナーに出るのみです。効率のよい学習方法としてはベストといってもいいかもしれません。

身近で認知症の人を見守るサポーターとしての資格

「認知症介助士」の資格は、認知症を正しく理解し、接し方の心構えを身につけた人に与えられます。

引用:ヤフー知恵袋

認知症介助士は、何百時間も学習時間を必要とするような資格ではありません。

比較的容易に資格が取れるのには、認知症の人の身近で見守り、いつでも助けになれるようなサポーターを増やす目的があるためです。

認知症についての知識は必要でも、医学の専門家のような高度な知識や介護士のような技術は必ずしも必要としません。

2~3ヶ月で無理なく修了できるような通信講座が足掛かりとなっているのも、それほど学習時間を要しない資格試験だという証拠です。

指定の通信講座を修了する方法もある

合格率9割以上で、金払えば受かる試験です。

引用:ヤフー知恵袋

認知症介助士試験には、指定の通信講座を修了して在宅受験すれば90%以上の合格率を出せるという勉強方法もあります。

お金を出せば合格するというのは極端な意見としても、通信講座を真面目に勉強すればほぼ合格できる力がつくというのは頼もしいところです。

認知症介助士の勉強法はなにがある?

認知症介助士試験に向けてどんな勉強法があるか、紹介します。

独学

認知症介助士の試験は、独学でもチャレンジ可能です。ただ、どんな勉強をしたらよいのか、効率よくポイントを押さえるにはどうしたらよいかなどは、独学では迷うことが多いかもしれません。

勉強すべきポイントに迷って、通信講座や予備校以上に無駄にお金がかかってしまう恐れもあります。

通信講座

認知症介助士を取得するには、指定の通信講座を修了してから在宅受験をするという方法があります。もちろん試験に合格しなければならないのですが、この方法で試験を受けた人の合格率は90%以上と高い点に注目です。

通信講座のカリキュラムに従って勉強すればよく、空いた時間やどこの場所でも勉強できるのは通信講座ならではのメリットでもあります。費用も抑えつつ、高い合格率を目指せる学習方法です。

予備校(もしくは通う形態のスクールなど)

認知症介助士の資格取得方法には、セミナーを受講してから受験するという方法があります。そのセミナーとは、定期的に開催されている5時間程度のものです。

つまり、たった1日のセミナーを受けるだけでも合格は可能だということ。指定の通信講座修了のほうが合格率は高まるものの、費用を抑えたうえで時間も節約したいという人にはおすすめの学習方法です。

ただ、通信講座よりもセミナーの開講日程は少なく、その日程に合わせて受講しなければならないのはデメリットになるかもしれません。

まとめ

認知症介助士の試験は、認知症関連の資格試験の中でも難易度が低めの部類です。

実技試験がないだけでなく、出題範囲も広くなく出題数が少ないのもメリットです。挑戦しやすく合格率も高いことから、取得を目指して損はないでしょう。

認知症患者が多い今、知識を持っているだけでも社会の役に立つことができます。集中的な学習によって、認知症介助士合格を目指してみませんか?

 

にほんブログ村 資格ブログへ