認知症介助士試験は、独学で合格を目指す人も多い資格試験です。

認知症介助士の合格率は高めの試験ですから、不合格にはなりたくないですね。

そのためには、勉強法や合格に必要な勉強時間もしっかりチェックして、綿密な学習スケジュールを計画する必要がありそうです。

 

認知症介助士試験の独学合格するために押さえるべきポイントは3つ

 

まずは、認知症介助士試験に独学で合格するために大切なポイントを押さえておきましょう。重視したいのは、3つのポイントです。

合格ラインを理解すること

どんな資格試験でも、合格ラインを把握しておくことが重要です。

どのくらい得点できれば合格できるかを知っておけば、無闇やたらに範囲を広げて勉強する必要もありません。効率よく勉強を進められて、短期間の学習での合格も可能になります。

認知症介助士試験の場合は、30点満点中21点以上得点すれば合格です。

合格率は、数ある資格試験の中でもトップクラスといえる9割以上に至っています。むしろ、落ちるほうが難しいくらいの試験といえるでしょう。

認知症介助士は、主催者が認定する通信講座を受講して添削課題を提出し最終課題に合格することでも資格を取得できます。

自宅にいながらにして資格を取得できるということは、参考書を見ながらでもOKということ。これも、認知症介助士試験の合格率の高さの理由の一つです。満点を取るのも、夢ではないかもしれません。

認知症の基礎知識と介助方法の勉強を優先すべし!

認知症介助士試験は、30問の出題で30点満点です。1問1点の配点といっても、この出題形式では捨て問を作ることもできません。

ただし、過去問題集を繰り返し解いたり疑問箇所を作らないようにすれば、高い得点をゲットすることは可能です。

検定主催者が出している問題集は、購入しておいたほうがよいでしょう。

認知症介助士試験は、全問が3択の選択問題です。正しい解答をすることは大前提ですが、選び間違いのような凡ミスをする恐れもあるため、試験本番では見直しをする時間も確保しておくべきです。

例えば認定の通信講座で学べる範囲を参考にすると、認知症の正しい知識と介助方法、予防法が大まかな内容です。

認知症介助士試験では科目による合格ラインはありませんから、得意な範囲を重点的に吸収しても合格の可能性はあります。

ただ、それほど広い範囲でもない内容ですから、全てを完璧にするつもりで学習することをおすすめします。

認知症を予防するアイディアやレシピ集など、身近なところで役立ちそうな知識もありますから、頭に入れておいて損はありません。

参考:認知症介助士公認テキスト&問題集

学習スケジュールの計画を立てること!

認知症介助士試験に挑戦しようと思ったら、学習スケジュールを計画しましょう。比較的難易度が低めの試験とはいえ、無勉強で全ての人が合格できる試験ではありません

テキストを読んで問題集を1回解いたくらいで合格できたなどという口コミも見られますが、時間を効率的に使って試験準備をするには学習スケジュールの計画がおすすめです。

試験までどのくらいの期間を用意して、1日どのくらい勉強するか、具体的に決めておくと試験本番までのストレスも軽減できるでしょう。

 

認知症介助士試験に独学合格するためのスケジュール計画の内容

 

認知症介助士試験に独学合格するためには、スケジュール計画が重要です。

どのくらいの勉強時間が標準的か、試験までどのくらいの準備期間を設けたらよいかなどを調べてみました。

認知症介助士試験合格に必要な勉強時間は「90時間」

認知症介助士試験に合格するために必要な勉強時間の標準は、90時間という説があります。合格した人の中には、それほど時間が必要ないという人もいればもっと勉強したという人もいるでしょう。

同じ時間でもどのくらいの勉強ができるかは個人差のあることですから、90時間はあくまでも標準的な勉強時間として認識しておきましょう。90時間を目安として、期間ごとにどのように勉強したらよいかを紹介します。

10か月前に勉強を始める場合

90時間分の学習を10ヶ月間でこなすとすると、1ヶ月あたり9時間、1日あたり約20分の勉強で間に合う計算です。

毎日休みなしで勉強した場合の計算ですから、1日おきに勉強するなら40分ずつ、週末2日間だけ勉強するとしても1日1時間の勉強で済みます。

毎日20分の勉強をするなら、移動時間や休み時間などのスキマ学習でもよさそうです。家事や育児の合間に勉強しても、資格取得を目指せるでしょう。

半年前から勉強を始める場合

6ヶ月間の準備期間を設けるなら、1ヶ月あたり15時間の勉強が必要です。毎日勉強するとしたら、1日あたり30分の勉強が必要になります。

これなら、わざわざ自宅で勉強する時間を作らなくてもスキマ時間の学習で間に合いそうです。休日にまとめて勉強するにしても、1日あたり40分の勉強で済みそうです。

3か月前から勉強を始める場合

認知症介助士試験は、3ヶ月前から準備を始めても合格できる可能性が高い試験です。認定の通信講座に修了目安期間が3ヶ月とされているものが多く、3ヶ月間でも余裕をもって勉強できるでしょう。

人によっては、1週間で勉強して合格したというケースもありますから安心してください。

ただ、直前になって焦るよりは期間に余裕を持って勉強したほうが合格率も高まるでしょうし心身ともに楽に資格取得できるでしょう。

 

認知症介助士試験に独学合格するために動画・音声教材を有効活用すべし!

 

認知症介助士試験に独学で合格するには、動画や音声による教材が効果的です。スキマ時間を活用した勉強も可能な教材について、紹介します。

ユーキャン 認知症介助士講座

 

ユーキャンの認知症介助士講座は、最低限の教材で確実な合格を目指せる通信講座です。

添削課題と最終課題を提出して合格すれば、それが認知症介助士検定試験の合格になる点にも注目です。つまり、自宅での受験が可能だということ。

標準学習期間は3ヶ月ですが、6ヶ月間は学習サポートを受けられるのもメリットです。

受講生専用のインターネットサービス学びオンライン・プラスでは、ミニテストを受けられます。スマホやPC、タブレットでの学習ができるので、スキマ時間に手軽に勉強できるのが便利です。

たった2冊のテキストで認知症介助士試験合格を目指せるユーキャンの認知症介助士講座ですが、認知症介助士検定試験を主催している公益財団法人日本ケアフィット共育機構が認定する通信講座でもあります。

安心して検定試験の合格を目指せる点も、検討の価値ありです。

ユーキャン 認知症介助士講座 公式HPへ

 

産業能率大学通信講座 プロカレッジ 認知症介助士受験コース

 

産業能率大学のプロカレッジも、たった1冊のテキストで認知症介助士試験合格を目指せる通信講座です。

スマホ学習の対応こそありませんが、検定試験を主催する日本ケアフィット共育機構の認定講座ならではの特典があります。

この講座では、添削課題が2回分付いてきます。そのうち1回分は認知症介助士検定試験で、自宅での受験が可能です。

Webに対応しているので、インターネットを通じて受験して資格取得することができます。ユーキャンより料金が安い点にも、注目です。

公式HPへ

 

まとめ

独学合格も不可能ではない認知症介助士試験ですが、より効率よく確実に合格を目指すなら通信講座を利用するのもおすすめです。

認知症介助士試験には自宅受験が可能な認定通信講座もありますから、検討してみてください。

 

 

にほんブログ村 資格ブログへ