調理師免許は、飲食業界ではあると便利な資格です。実は資格なしでも料理人にはなれますが、持っていたほうが信頼度が高まります。

調理師試験の合格率は60~65%程度で、それほど高い難易度ではありません。

とはいえ、対策なしで合格するのは難しいため、他の資格と比較して難しいか、合格に必要な勉強時間はどのくらいかなどを見ていきましょう。

調理師の難易度、合格率は?

調理師試験を受けるにあたって、難易度や合格率を知っておきたい気持ちはありますよね。参考までに、調理師試験の難易度や合格率、なぜその難易度なのかについて見ておきましょう。

難易度が上がる傾向にある試験

調理師試験は、60~65%の合格率と難易度が高いほうではありません。多くの人が受験する試験でもあり、仕事に活かす予定のない人でも受験することがあります。

それほど高い難易度ではないといっても、実は年々難易度が上がっているという傾向は無視できません。これは、食の安全や重要性が社会的に見直されてきていることの反映かもしれません。

無試験で免許を取得するケースも

調理師の免許は、無試験で取得することもできます。その方法は、1年以上の専門課程を修めることです。

食に関する専門学校や短大、大学などで学んでいれば、自然と取得できる免許というわけです。他にも、2年以上の実務経験を経て受験資格を得る方法があります。

実際に調理の仕事で働いた経験があるのですから、試験でもそれほど高度な難易度には感じないというメリットがあります。

地域別では合格率に差がある

調理師試験は、各都道府県で実施されています。全国的な合格率は長いこと60%台をマークしていますが、地域別では合格率がかなり高いところと全国的には低めのところで差が出ています。

例えば、福島県や栃木県、三重県、山口県などでは70%を超える合格率を出しているのに対して、東京都や千葉県、長崎県などでは55%近い合格率です。

試験内容も影響しているかもしれませんが、受験生のレベルなども関係している可能性があります。

調理師は他の資格と比べると難しい?

調理師とよく比較される資格試験とどちらの難易度が高いか、合格率や体験者の口コミを含めて紹介します。

信頼につながる国家資格

近年、食への関心が深まっているためか、飲食に関する免許が急増しています。ただし、いずれも民間の資格であるのが特徴です。

その点、調理師免許は国家資格。持っていなくても料理人として働くことはできますが、調理師免許を持っていることで就職や転職に有利になることもあります。

また、調理師免許を持っている料理人がいる飲食店は信頼されやすいのもメリットです。難易度は簡単には比較できませんが、他の食に関する資格を取るなら、合わせて調理師免許も取っておくと役立ちます。

国家資格ではないものの、ふぐ調理師免許も業務独占資格として就職や転職に役立ちます。地域によって試験内容は異なり、調理師免許よりも難しそうなイメージがあるふぐ調理師免許ですが、実は研修だけ受ければ取得できる地域もあります。その意味では、調理師免許より簡単に取得できるケースもあるのです。

独学でも合格できる範囲の難易度

科目でいうと、食品衛生学や公衆衛生学、衛生法規などは個人で勉強するには大変ですが、個人で受験しても合格する人はたくさんいますよ。

引用:ヤフー知恵袋

専門的な履修をしていない人では、調理の実務経験を2年以上積む必要のある調理師免許。それでも、独学で受験して合格している人が多いほど難易度は高くないといわれています。

伝統的な料理店では取得が当たり前

調理師免許は中卒でも合格は当たり前です。因みに不合格を聞いた事がありません。

引用:ヤフー知恵袋

厳しい修行を経て一人前になれる料理店では、調理師免許を取得するのは当たり前と考える傾向があります。

中学を卒業して料理店で修業している人でも、実務経験を積みながらの受験で合格している人は少なくありません。

調理師の合格に必要な勉強時間は?

調理師試験に合格するにはどのくらいの勉強時間が必要か、体験者の意見も含めてチェックしておきましょう。

1日60分半年間の学習でも取得可能

専門学校などに通う以外では、実務経験を積んで受験するのが調理師免許を取得する方法です。試験勉強は、例えば通信講座を受講した場合、1日60分の学習を半年間続けるだけでも合格範囲の学力がつくといわれています。もっと勉強時間を取れる場合は、期間をさらに短期にすることができるでしょう。

1ヶ月で取得している人もいる

講習会に出て、習ったところのノートをひたすら暗記(音読)期間は1か月くらいかな。

引用:ヤフー知恵袋

あまり多い例ではありませんが、1ヶ月の勉強で調理師試験に合格している人もいます。短期間で合格を目指すには効率のよい学習方法を取ることが大切です。

3ヶ月程度でも合格を目指せる

教本暗記するだけですよ。範囲を絞りたいなら有料講習に出るです

引用:ヤフー知恵袋

調理師試験は、独学で教本を暗記するだけでも合格できるとの意見もあります。ただし、合格率をさらに上げたい場合は、お金を払って講習に出たり通信講座を受講するのが効率的です。

調理師の勉強法はなにがある?

調理師試験に向けての勉強法にはどのような種類があるか、紹介します。

独学

調理師試験は、実務経験を積みながら独学で勉強して受験する人も少なくありません。独学での勉強方法は参考書や問題集に取り組むことです。

教本の丸暗記でも合格できるといわれるほどの調理師試験ですが、できれば効率よく一発合格を目指したいところです。

そういう意味では、独学では非効率になってしまう恐れがあります。ナビゲーターがいない分、学習途中で迷いが生じることもあるかもしれません。

通信講座

通信講座は、スクールに通う必要もなく自分のペースで自分の好きな場所で勉強を進められます。また、スクールより料金が安いところが多く、予算が少ない人にもおすすめです。

マイペースに黙々と学習できる点は独学にも似ていますが、独学と違うのはナビゲーターがいる点です。学習のカリキュラムを組んだり、サポートをしてくれるのは通信講座ならではのメリットといえるでしょう。

予備校(もしくは通う形態のスクールなど)

調理師試験を受験するのにわざわざスクールに通う人は、相当時間に余裕のある人かもしれません。そもそも、調理師免許は専門学校などに通えば必然的に取得できる資格です。

低予算で働きながらでも免許を取りたいからこそ、進学ではなく実務経験を積みながら受験を目指す人が少なくありません。働きながらスクールに通うのは大変なことです。

勤務時間に合わせて受講時間を確保しなければなりませんし、通学のための時間や交通費も負担になります。学習時間を夜などにしか取れない場合は、スクールより通信講座がおすすめです。

目の前で講師から教えてもらえるのはメリットですが、デメリットのほうが多くなる可能性が高いのがスクールの特徴です。

まとめ

調理師試験の合格率は、全国平均では高めです。ただし、何も勉強しないで合格できるほど甘くはない試験です。

合格するために有利な対策を練るには、通信講座などの専門的なバックアップを頼りにしたほうが無駄がないでしょう。

地域を選んで受験するなどの工夫も、受験情報に詳しい機関から得たいところです。働きながらでも楽に合格できるように、効率的な学習方法を見つけてください。

 

にほんブログ村 資格ブログへ

関連記事

    関連記事はありません。