社会保険労務士試験に独学で挑戦するなら、テキストや問題集を厳選することをおすすめします。

ここでは、初心者が社会保険労務士試験に独学で挑戦するときにおすすめの市販テキストや問題集、過去問選び、費用を抑える効率の良い勉強法について紹介します。

 

社会保険労務士のテキスト、問題集選びのポイント

社会保険労務士試験のテキストや問題集を選ぶなら、どんなポイントを重視したらよいか紹介します。

フルカラー印刷でイラストが多め

フルカラー印刷のテキストは、わかりやすく内容を理解するための方法として増えてきています。白黒印刷よりも頭に入りやすいのは、視覚的な効果に関係しています。

図表やイラストが多めなテキストは、視覚的効果によって内容の理解しやすさにつながります。理解しやすいと、無駄な時間をかけずに学習を進められるのがメリットです。

実際に独学合格した人の多くが使っている

口コミなどを見てみると、これ一冊で合格できたというようなテキストや問題集があります。

人気が高いテキストや問題集には、やはりそれなりの良さがあります。独学合格者を多く輩出しているということは、独学での勉強しやすさが盛り込まれているはずです。

合格を目指した構成になっている

どんなテキストも問題集も合格を目指した構成になっているのは当たり前ですが、特に独学で合格を目指すためには効率を考えた構成になっている必要があります。

合格するために不要な項目は外すくらいのテキストでないと、無駄に学習範囲を広げてしまう可能性もあるのです。

最新の情報に対応しているか

最新版のテキストは、直近の試験が終了してから出版されたり、値段が高いのが特徴です。その点、古いバージョンのテキストはいつでも手に入るうえに中古で安く購入することもできます。

しかし、1年でも古いテキストや問題集は、最新の情報に対応していない可能性があります。ズレた勉強をしてしまう恐れがあるため、必ず最新情報に対応したものを購入するようにしましょう。

テキストにも問題が付いてくる

問題集は別に取り組むとしても、テキストにも確認問題が付いているとより深く内容を理解しやすくなります。

項目ごとに確認問題を解けることによって、理解したことをしっかり刻み付けることができるのです。

 

社会保険労務士の独学におすすめのテキスト、問題集シリーズ5選

社会保険労務士試験に向けて、独学で対策するのにおすすめのテキストや問題集を紹介します。

みんなが欲しかった! 社労士の教科書(TAC)

フルカラー印刷で、1科目ごとに細分化されたセクションによって段階を踏んで学習できます。

まず、全体が大まかにわかるような導入部分があるので、いきなり本題に入って頭を抱えてしまうようなことがありません。ミニテストや多彩なアイコンで、内容の理解を深めることができます。

~これで合格できた
昨年版をメインに使用して、今年、本試験に合格しました。分冊できるので、インプット期は、電車でも黙読していました。

~学習法の提案がユニーク
テキストだからと読者を突き放すのではなくて苦手ならこうやってみたら?という読者目線で一緒に工夫してくれているという気持ちが本文やミニテストへの信頼に繋がってくる。

 

みんなが欲しかった! 社労士の問題集(TAC)

合格に必要なレベルの問題を網羅した問題集で、解説を読むことによってさらに知識をグレードアップできます。

姉妹版の「社労士の教科書」に完全準拠しているのも便利で、択一式の問題はすべて本試験と同じスタイルになっています。

~やりごたえのある問題数
かなりボリュームがあり、やりごたえがあります。基本に即した問題も多いため、今の時期にぴったりだと思います。

~過去の頻出問題が多い
頻出の問題を集めて問題集を構成しており、確かに1冊で合格レベルに乗ると思います。

 

ユーキャンの社労士 速習レッスン(ユーキャン)

3分冊に分冊できる、持ち運びに便利なテキストです。

合格に必要な知識をユーキャンの講師陣がわかりやすく解説してくれます。学習したことをすぐにチェックするために、各レッスンの終わりに過去&予想問題が付いてくるのも便利です。

~丸暗記しやすい
とにかく制度趣旨やなぜそうなるかが記載されていて記憶に残りやすい。昨年はtacのテキストを使ったが、こちらは、事実の記載だけで丸暗記ありきだと感じた。

~丸ごと一冊学んで合格
独学でこのテキストを軸に勉強しました。欄外に書いてある事も重要事項なので省かない方がよいです。

 

ゼロからスタート! 澤井清治の社労士1冊目の教科書(LEC)

前頁オールカラー印刷で、わかりやすいテキストです。

LECで講師を務めている人気講師が合格への最短ルートをとるために必要な知識を教えてくれます。最短合格のために、覚えなくてよい項目を教えてくれるのも親切です。

~やさしく読める
優しい語りかけと行間、やさしいカラー、本の厚さに対して、なぜか重さは軽く感じ(紙の種類?)手におさまりがいい。サクっと読める感じがいいです。

~カリスマ講師の抜群書籍
この書籍は、氏の長年に渡る授業の中で培われた実績にもとずく試験に受かるツボが満載である。超難関な国家試験でもある社労士試験(最近の状況では、100人受けて94人も落ちるほどの難関さである)が、本書を読めば、「私にもきっと受かる」という希望と闘志が湧いてこよう。

 

ごうかく社労士 基本テキスト(労務経理ゼミナール)

過去問を詳しく分析した結果を網羅したテキストで、働き方改革による労基法の改正についてもフォローされています。

すでに合格した人が、実務の確認も兼ねて愛読しているというケースも珍しくありません。

~基礎が網羅されている
私もこの本でとっくの昔に合格しているのですが、毎年購入しています。理論的(学問的)な事項に関して、これほど網羅的にまとまっている書物は他にないと思います。

~独学者のバイブル
独学者に取って、まさに本書はバイブルだろう。現在も毎年発売され、優秀な先生方を両輪に万全な体制で編集されている。本書が真っ黒になり、赤ペンで書き込まれた手書きの注釈、付箋、マーカーで染まったボロボロになるまで使い込めば合格は間違いないと思う。

 

口コミはamazonから引用

社会保険労務士の独学合格に追加すべき教材2選

社会保険労務士に独学合格するために、追加しておきたい教材を挙げておきます。

ユーキャンの社労士 過去&予想問題集(ユーキャン)

論点別問題350門と独自の予想模試2回分が掲載された問題集です。各問題について、すべてユーキャン講師が解説している点も役立ちます。

赤シート対応しているので反復学習するのにも便利です。他にユーキャンからは一問一答集も出ていて、そちらも人気があります。

出る順社労士 必修基本書(LEC)

テキストも付いていますが、過去問30年分から検討した問題が掲載されているのが便利です。

内容の前に学び方が紹介されているので、他のテキストを選ばずにこのテキストと問題に集中して取り組むのもよいでしょう。

 

まとめ

社会保険労務士試験に独学で合格するためには、独学で合格した人が活用していたテキストや問題集などを選ぶのがおすすめです。

合格者を多く輩出しているテキストや問題集には、効率の良い学習法や過去の出題が徹底分析された内容が掲載されています。

口コミも参考にしながら、自分に合ったものを選んで合格を目指してください。

 

にほんブログ村 資格ブログへ